ホーム > №5814文献紹介

№5814文献紹介

項目 文献の内容
区 分 海外文献調査
図書番号/分類番号 №5814/
図書名/雑誌名 トンネル新技術に関する海外文献集(昭和57年度版)/
主題/副題 /-NATM・ロックボルト・計測・その他-
著者名・発表者 海峡線文献調査特別委員会
所 属 社団法人日本トンネル技術協会
発行所 社団法人日本トンネル技術協会
発刊年月 1983年(昭和58年)3月
掲載頁 -
総頁数 526
体 裁 A4サイズ
内 容 まえがきより
海峡線文献調査特別委員会は、昭和50年10月に、日本鉄道建設公団青函建設局の委託に応じ、日本トンネル技術協会内に設置され、海底トンネル建設工事に有益な海外文献の調査を行なってきた。以来本委員会は青函トンネル工事に不可欠な技術であを注入・吹付コンクリートの設計施工およびそれらに関連する計測等の技術に関する文献調査活動を続け、各年度末にはその成果を報告書としてとりまとめてきた。昭和57年度は、NATM ・ロックボルト・吹付コンクリート-岩盤力学・換気・機械・爆破・その他の8項目について分類し、海外文献を調査・選定して翻訳作業を進めた。これらの調査結果はトンネルの設計・施工に対して有効な資料になると考えている。
目 次 I. 海外技術雑誌関係文献要旨
A NATM,B ロックボルト,C 注入,D 岩盤力学,E 計測,F 機械,G その他
Ⅱ. 特定翻訳文献要旨
A NATM,B ロックボルト,C 注入,D 岩盤力学,E 計測,F 機械,G 換気,H 爆破,Ⅰ その他
Ⅲ. 特定翻訳文献
A NATMに関する特定翻訳文献
1. ミュンヘン地下鉄工事における多導坑式大断面掘削工法の経験A.Krischke,J.Weber,2.ノルドシュテルン(立坑建設における)のNOT(NATM)による坑道掘削H.Albers,D.Jagsch,3.NATMによる土被りの浅いトンネル掘進の高応力領域R.Katzenbach,H.Breth,4.最近10年間のフランス・モータウェイトンネルP.Hingant,M.Legrand,5.軟弱な岩におけるNATMによるトンネルの設計と施工J.Golser,6.軟弱な砂岩におけるトンネル掘削E.Gartung,7.軟弱地盤地域での浅いトンネル工事計算の改良の為の論文G.Swoboda,F.Laabmayr,8.測定と評価とその意味F.Laabmayr,J.Weber
B ロックボルトに関する特定翻訳文献
1.地下深所の岩盤空洞工事におけるシステムアンカーの効果についてR.Poise1,2. クリープしやすい地盤に定着されたアンカープレートの挙動A.P.S.Selvadurai,3. トンネル工事における支保要素としてのモルタル全面接着ロックボルトの作用原理及び設計についてG.Feder
C 注入に関する特定翻訳文献
1.軟弱地盤中のトンネル一住人及び凍結による補強工法の現況M.Haffen
D 岩盤力学に関する特定翻訳文献
1. 亀裂のない岩盤におけるトンネル天端の簡易静的計算D.Kolymbas,2. レス(黄土)トンネルの覆工の設計に関する研究C.S.Pan,3.最適支保及び覆工の選択の経済的重要性P.Gesta,4.岩盤計測によるFrejusトンネルの危険性低減M.Levy,5.英国におけるトンネル掘削による地表面沈下一実測と予測-M.P.O.Reilly,B.M.New,6. トンネル施工における地質力学的分類の諸手法の比較と運用性E.M.Tallon,7.膨張性粘土を含む岩盤の強度J.Eurenius,A.Heiner,8.膨張性岩盤における可縮支保工を用いてのトンネル掘削K.Kovari,F.T.Madsen,Ch.Amstad,9. トンネル建設における地質の評価についてProf.Dr.G.Spaun,10. トンネルの力学的設計Prof.Dr.P.Egger
E 計測に関する特定翻訳文献
1. トンネル切羽後方のコンバージェンスの解析M.Panet,A.Guenot
F 機械する特定翻訳文献
1. BOUYGUESトンネルボーリングマシンによるトンネル掘削と先進グラウトL.Larssen
2.都市トンネルにおける機械掘削の経済性J。F.Bougard,3.AbatemarcoトンネルL.Rotundi,G.Siciliano,4.北アメリカにおけるブーム式トンネル掘削機械の最近の進歩W.J.Kogelman,G.K.Schenck,5. 岩のすりへり硬さについてG.West
G 換気に関する特定翻訳文献
1. ロードヘッダを用いるトンネル工事中の粉じん抑制を目的とした換気システムの利用W.Meyeroltmanns,2.道路および鉄道トンネルの換気J.Pera
H 爆破に関する特定翻訳文献
1. トンネルの発破パターンの最適設計の為のコンピュータ計算モデルS.G.Godoy,M.D.Vlera,2,在来法に比べて著しく安全なトン,ネルや立坑用の電気点火法M.J.Ball,R.M.Dixon,3.地下工事により生じる振動B.M.New
Iその他
1. トンネル工事における事故の原因と防止J.Golser,E.Hack1,2. ノルウェーにおける低コストトンネルの発展A.Gronhaug,3.放射性廃棄物処理に関する地質技術とトンネル状況J.A.Hudson,J.B.Boden,4.河川のモニタリングとその汚濁予想に関する実用技術についてD.E.Caddy,P.G.Whltehead,5, 炭鉱における盤膨れとその対策M.O1dengott,6. ノルウェーにおける低コスト道路トンネルD.Martin,7.Vardoトンネルーノールウェ一方式による無巻海底道路トンネルD.Martin
備 考 -
ページトップへ