ホーム > №5815文献紹介

№5815文献紹介

項目 文献の内容
区 分 海外文献調査
図書番号/分類番号 №5815/
図書名/雑誌名 トンネル新技術に関する海外文献集 昭和57年度版(別冊)/
主題/副題 各国トンネル構造設計モデルに関する調査報告書/一各国トンネル構造設計の比較-
著者名・発表者 海峡線文献調査特別委員会
所 属 社団法人日本トンネル技術協会
発行所 社団法人日本トンネル技術協会
発刊年月 1981年5月
掲載頁 -
総頁数 76
体 裁 A4サイズ
内 容 まえがきより
山岳トンネル、シールドトンネル、開削トンネルなど各種トンネルの設計及び安全に関する考え方については地質条件を異にする各国において種々様々であり、現在統一的をものは与えられていない。国際トンネル協会は、その統一化を図る第一歩として各国の設計の考え方などについてアンケート調査を行い、その結果を取りまとめて報告書を発刊した。
目 次 編集 国際トンネル協会
Professor Dr-Ing.Heinz Duddeck
構造設計部会部会長(西独Braunschweig工科大学教授)
翻訳 社団法人日本トンネル技術協会
1.感謝のことばH.Duddeck
2.経緯
3.調査事項(1978.12)
3.1 日的,3.2 質問に関する注意,3.3 公刊されている指針(recommendation)の設計手順,3.4 調査事項,3.5 質問に対する回答例(4例) ,3.6 第2回調査事項(1980.8)
4.質問に対する回答
4.1 軟弱地盤シールドトンネル,4.2 鋼支保工と吹付コンクリートにより支保される軟弱地盤トンネル,4.3 深い中硬岩トンネル,4.4 開削トンネル,4.5 Recommendation
5.総括
5.1軟弱地盤シ-ルドトンネル,5.2 鋼アーチ支保工および吹付けコンクリートによる軟弱地盤におけるトンネル,5.3 深い中硬岩トンネル,5.4 開削トンネル,(付) 回答者リスト
備 考 -
ページトップへ