ホーム > №200501文献紹介

№200501文献紹介

項目 文献の内容
区 分 JTA委員会研究成果報告書
図書番号/分類番号 №200501/
図書名/雑誌名 現場技術者のための吹付けコンクリート・ロックボルト/
主題/副題
著者名・発表者 施工技術委員会山岳工法小委員会
所 属 社団法人日本トンネル技術協会
発行所 社団法人日本トンネル技術協会
発刊年月 2005年(平成17年)3月
掲載頁 -
総頁数 531頁
体 裁 A4サイズ
内 容 まえがきより
今回出版する「実務者のための吹付けコンクリート・ロックボルト」は、「トンネルの吹付けコンクリート」の出版後約9年間における吹付けコンクリート技術の著しい進歩に対応するとともに、「現場技術者のための吹付けコンクリート・ロックボルトQ&A」の成果をベースとして、山岳トンネルの支保工のもう一方の主役であるロックボルトについても、新たに理論から設計、施工、施工管理にいたるまで記述し内容の充実を図った。さらに、両者の共通事項である計測、特殊な条件下のトンネル支保の事例、および覆工コンクリートを省略したシングルシェル・ライニングについても追加している。本書は、現場技術者はもとより工事計画・発注担当者等トンネル工事等実務に携わる全ての技術者にとって、日々の業務の参考書として十分期待に応えられるものと確信する。
目 次 第1編山岳トンネルにおける支保
第1章支保の歴史
第2章トンネル支保工の設計と支保部材の特徴
第2編吹付けコンクリート
第1章吹付けコンクリートの支保効果と設計
第2章吹付けコンクリートの材料と配合、2.4吹付けコンクリートの高強度化
第3章 吹付けコンクリートの施工
第4章 吹付けコンクリートに関する試験および管理
第3編ロックボルト
第1章ロックボルトの支保効果と設計
第2章ロックボルトの材料
第3章ロックボルトの施工
第4章ロックボルトの試験および管理、
第4編観察および計測
第1章観察および計測の位置付けと役割
第2章 観察・計測項目とその方法
第3章観察および計測結果の管理と評価、第4章設計および施工への反映
第5編特殊トンネルの支保
第1章概要
第2章土被りの小さい未固結地山におけるトンネルの支保
第3章大変形地山におけるトンネル支保
第4章分岐部および連結部のトンネル支保工
第5章めがねトンネルにおける支保工
第6編シングルシェルライニング
第1章 吹付けコンクリート覆工の事例、1.1国内事例の調査結果
第2章 シングルシェル・ライニング
第3章 シングルシェル・ライニングの材料と施工
【巻末資料】【キーワード検索】【広告】
備 考 -
ページトップへ