ホーム > №5201文献紹介

№5201文献紹介

項目 文献の内容
区 分 JTA委員会研究成果報告書
図書番号/分類番号 №5201/
図書名/雑誌名 京葉線台場ずい道(品川附近)工事のシールド掘削技術に関する研究報告書/
主題/副題
著者名・発表者 施工技術委員会シールド施工特別小委員会
所 属 社団法人日本トンネル技術協会
発行所 社団法人日本トンネル技術協会
発刊年月 1977年(昭和52年)3月
掲載頁 -
総頁数 29
体 裁 A4サイズ
内 容 まえがきより
日本鉄道公団東京支社においては、圧気式複線シールド工法により施工中である京葉線台場ずい道品川ふ頭附近の工事における、(1) 地質が軟弱であり、かつ切羽上層部付近には、相当厚の砂疎層が介在するため、切羽の安定対策が必要である。(2) シールドは、東京港海底部に設けるケーソントンネルに到着させる計画であるが到着部付近は、土被りが少いため、浸水の危険性が強い。などの諸問題について委員会で検討し取りまとめたものである。
目 次 第1章施工技術委員会シールド施工特別小委員会の設立と経緯
第2章京集線台場ずい道の工事概要,2-1 概要,2-2 「台場ト/ネル(品川ふ頭付近)工事」の概要,2-3 複線シールド到達部の状況
第3章複線シールド到着部付近における各種防護工法の検討,3-1 防護計画上の諸条件,3-2 各種防護工法
弟4章実施計画,4-1 防護工法の概要,4-2 護岸の防護,4-3 噴発・および浸水防止,4-4 シールド到達郡付近の掘進,4-5 シールド内の護岸鋼矢板の切断及びPIPのとりこわし,
備 考 -
ページトップへ