ホーム > №5613文献紹介

№5613文献紹介

項目 文献の内容
区 分 JTA委員会研究成果報告書
図書番号/分類番号 №5613/
図書名/雑誌名 トンネル工事における照明設備に関する技術基準報告書/
主題/副題
著者名・発表者 安全対策小委員会(労働省労働基準局委託)
所 属 社団法人日本トンネル技術協会
発行所 社団法人日本トンネル技術協会
発刊年月 1981年(昭和56年)10月
掲載頁 -
総頁数 46頁
体 裁 B5サイズ
内 容 まえがきより
安全環境委員会,安全対策小委員会は,昭和55年度労働省から「坑内の照明,通路等の作業環境に関する技術基準の作成」についての委託を受けたので,坑内照明に関する調査,研究を進め,成果をとりまとめたのが,この報告書である。坑内工事における照明が災害の直接原因としてあげられることは,極めて少ないが,最近の工事の大型化,機械化による急速掘進等に伴なって,労働災害の潜在的な危険性が多様化してきているが,坑内の良い照明は,労働災害の防止のための重要な要因と考えられる。然しながら,現在の法令,規則においては,坑内照明の照度基準等が明確に定めていないので,この基準の作成について,系統的な知識とそれをもとにした実際にあたっての助言が含まれている。この基準の適用にあたっては,工事の規模,坑内の作業条件,施工法等を十分考慮して,それぞれの現場に適した,最も効果的あたっては,坑内の切羽,通路等における照明等に関するアンケート調査及び実態調査を行って,現場の実状を把握し,望ましい明るさの目安を示すよう努めた。また,この基準には,計画・設計にあたる人や,現地の技術者が必要とする照明に関する基礎的な知識,照明計画,照明設備,及び設備の保守管理等にな照明設備を設けるよう留意し,安全な工事が実施されるよう利用して載ければ幸甚である。
目 次 第1章総論
§l.総則,§2.坑内照明の特異性,§3.設備と保守管理
第2章照明の基礎知識
§l.用語と法則,§2.光源
第3章照明計画
§l.計画一般,§2.所要照度,§3.照度の測定,§4.照明方法,§5.照明器具,§6.照明計算
第4葦照明設備
§1.固定照明設備,§2.移動照明設備,§3.非常用照明設備,§4.標示灯・標識等,§5.高圧室内の照明設備
第5章照明の保守・管理
§l.管理体制,§2.配線の保守・管理,§3,照明の保守・管理,§4.非常用照明の保守・管理
付録;1.アンケート調査着果,2.災害事例
備 考 -
ページトップへ