山岳トンネル維持管理業務講習会(実践編)

催物詳細

山岳トンネル維持管理業務講習会(実践編)開催のご案内
維持管理業務講習会(基礎編)に引き続き(実践編)を下記のとおり実施することといたしました。
基礎編では、現場での点検作業に従事することができるレベルの技術者の育成を目的としていました。
実践編では、現場での点検作業に加えて、診断や補修・補強等の措置に関して指導できるレベルの技術者の育成を図ることを目的として実施します。
山岳トンネルの維持管理業務に携わる技術者の皆様にとりまして、施工事例をふまえた大変有意義な講習会と存じますので、多数ご参加くださいますようご案内いたします。

開催日

令和2年 1月31日(金)9:30~17:00
09:30~09:40(10)講習会の取組み(内容:講習会の目的と概要、保守管理の現状)
09:40~11:00トンネル変状に対する調査と診断(調査時の注意点、調査結果を踏まえた健全性判定ならびに調査方針の考え方)
11:10~12:10(60)診断に基づいた措置(診断に基づいた措置(剥落防止・外力・漏水対策)の体系的な考え方)
13:10~14:10(60)道路トンネルの補修補強 (変状の概要と大規模更新事業の方針、インバート補強事例について)
14:20~15:20鉄道トンネルの補修補強(変状の概要と路盤隆起や剥落対策など補修・補強の事例について)
15:30~16:20トンネル構造物の管理者のあり方
16:30~17:00まとめ(内容:確認試験、アンケート実施)

開催場所

コンワビル13階第2・3会議室
〒104-0045 東京都中央区築地1-12-22 コンワビルTEL:03-3543-3101

定員

40名

備考

個人会員16,000円、団体会員18,000円,一般22,000円(テキスト代、消費税を含む。)
申込方法:参加者氏名、年齢、所属・役職、電話番号、会員種別をEメール本文、または、FAX、郵送等をもってお申し込み下さい。受付完了の場合、受付番号をご連絡いたします。なお、電話での申し込みは受付けませんので、ご了承願います。
プログラムの詳細はこちらをご参照ください。
※土木学会認定継続教育プログラム申請中